容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

カラダが痛い

  1. 2012/06/22(金) 09:01:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

酒がうまい。肉もうまい。最高です!!

旅行に行こうかなぁ。どこがいいかな。東北あたりでも行こうかな。久しぶりに満喫してきたいなぁ。青森まで車で行ってみるのもありただな。

芸能人の離婚ってよくありますね。芸能人にとって結婚って一体なんなんでしょうかー

待機電力は、家庭の電化製品の時計やタイマーの機能などを維持するために使われている電力です。
実際に生活する上ではそれほど必要のないことに使われているこの待機電力が、実は、家庭での消費電力の約10%も占めているのだそうです。
この待機電力を減らすだけでも、電気代は随分と節約することができそうですね。

では、この待機電力を減らすにはどうすればいいのでしょうか。
答えは簡単です。
電化製品のプラグをコンセントから抜いておけばいいのです。

まずは、テレビの電源から始めてみてはいかがですか。
テレビの電源はリモコンで入り切りをせず、主電源を切るようにしましょう。
コンセントがテレビの裏側にある場合や、いちいち抜くのはやっぱり面倒とおっしゃる方は、テレビ本体の主電源で切るようにしてください。

そのほか、待機電力のかかる電化製品を挙げてみます。
洗濯機、エアコン、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、DVDプレイヤー、ビデオデッキ、オーディオ、電話機、パソコンなど実に多くの電化製品で使われています。
冷蔵庫など電源を落せないものもありますし、主電源を落としてもいいものでも、毎日家中のコンセントを点検して回るのは大変に思われるかもしれません。
まずは、使用頻度の少ない電化製品のコンセントだけでも抜いておきましょう。
また、外出時や寝る前には、スイッチを切れるものはすべて切ってしまうことを習慣にしてしまうといいですね。

小さな生活の知恵で大きく節約して、この不況を乗り切っていきましょう。

このサイト

寝たい

  1. 2012/06/07(木) 02:04:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日は忙しいかな。いつもよりはだけど。

旅行に行こうかなぁ。久しぶりに満喫してきたいなぁ。どこがいいかな。九州あたりでも行こうかな。

カニが食べたいなぁ。どうしても食べたいけど、高い。あと新鮮なところで食べたいよね。

子供部屋、小さなうちは同じ部屋に二人一緒でよかったけど・・・
大きくなって一部屋を2つに分けるリフォームの必要が出てきました。

廊下側に出入り口を2つ確保します。そして部屋の真ん中には仕切るような家具を置きます。
部屋は左右に分かれてベッドが上段下段になり、相手のベッドは見えないよう壁がある。
ベッドの下には家具の奥行き半分ずつの引き出しをつけてみます。
いわゆる間仕切り家具というものでベッドだけでなくクローゼットもあります。

一戸建ての場合は天井裏も有効に使えるので、ロフトをつくることもできます。
そしてロフトにリフォームしたところはベッドになったりします。
一部屋を壁で2つに分け、壁に本棚を設置できたりして案外部屋が広く思えます。
6畳の部屋でもコレで十分使えることでしょう。
しかし天井裏をロフトにした場合は夏場とても暑いようなので空調と断熱に気をつけないといけないようです。

同性の兄弟の場合は完全に壁を作って部屋を分けなくてもいい場合もありますね。
壁を作らなくてもベッドと勉強机、本棚などが一緒になっている家具を使って部屋を仕切ったりする方法もあります。
機能性家具という家具です。
カーテンで仕切れば二部屋になりますね。兄弟姉妹の好み、年齢などで色々と考えられますね。

完全個室にリフォームするのか、兄弟姉妹で仲良く使うようにリフォームするのか各家庭でいろいろですね。
家の状態(一戸建て、マンションなど)にもよりますしね。
子供が家を出て巣立った時のことも考えたり・・・
素敵な部屋にリフォームできるといいですね。

おすすめ

DTIブログって?